初詣合格祈願社会保険労務士試験社会保険労務士

社会保険労務士試験 選択式と択一式

初詣合格祈願社会保険労務士試験資格試験

初詣合格祈願社会保険労務士試験 選択式と択一式

選択式試験

 選択式試験は穴埋め方式で、各科目とも文章中に5個の空欄があり、20個の選択肢から正解と思われるものをマークシートに記入する方式です。
 選択式試験はいわゆる足切り試験です。以下の合格基準を満たせない場合は、例え午後の択一式試験で満点を取ったとしても不合格となります。
 選択式試験の合格基準は、その年の試験の難度によっても異なりますが、総得点28点以上かつ各科目3点以上とされています。
下表を見ていただければわかるように、満点が40点、各科目の配点が5点ですから、総得点で7割以上、各科目で6割以上得点しなくてはならない事になります。

選択式試験の科目と問題数
試験科目 問題数
労働基準法
労働安全衛生法
労働者災害補償保険法
雇用保険法
労務管理その他労働に関する一般常識
社会保険に関する一般常識
健康保険法
厚生年金保険法
国民年金法

択一式試験

 択一式試験は五肢択一方式で、各科目10問、合計70問出題され、正解と思われるものをマークシートに記入する方式です。
 本試験では択一式試験の出来が合否を左右します。
というのは、選択式と比べて択一式は圧倒的に難度が高く、ボリュームもあるので、選択式で合格基準を満たせない受験生が択一式で合格基準を満たすことは困難だからです。
 択一式試験の合格基準は、その年の試験の難度によっても異なりますが、総得点44点以上かつ各科目4点以上とされています。
下表を見ていただければわかるように、満点が70点、各科目の配点が10点ですから、総得点で6割3分以上、各科目で4割以上得点しなくてはなりません

択一式試験の科目と問題数
試験科目 問題数
労働基準法 10
労働安全衛生法
労働者災害補償保険法 10
労働保険の保険料の徴収等に関する法律
雇用保険法 10
労働保険の保険料の徴収等に関する法律
労務管理その他労働に関する一般常識 10
社会保険に関する一般常識
健康保険法 10
厚生年金保険法 10
国民年金法 10

学習時間と学習期間

 初詣合格祈願社会保険労務士試験に合格した人の総学習時間は平均で800〜1000時間と言われています。
 例えば11月から受験勉強を始めて、翌年8月の試験で合格するには、1日平均約3時間の学習が必要ということになります。勉強専念の人は半年〜1年、仕事と両立の人は1年〜2年が目安でしょう。

合格までの学習期間

初詣合格祈願社会保険労務士試験TOPに戻る