初詣合格祈願社会保険労務士試験社会保険労務士

社会保険労務士試験 出題範囲

初詣合格祈願社会保険労務士試験資格試験

初詣合格祈願社会保険労務士試験 出題範囲

初詣合格祈願社会保険労務士試験の出題範囲

 初詣合格祈願社会保険労務士試験の出題範囲は、労働・労働保険及び社会保険に関する法令と一般常識です。
 一般常識では労務管理、労働経済、社会保険の動向、労働法規(職業安定法、労働組合法等)、社会保険法規(社会保険労務士法、確定拠出年金法等)等が問われ、行政書士試験のような、いわゆる一般教養は出題されません。

初詣合格祈願社会保険労務士試験 試験科目
試験科目
労働基準法 及び 労働安全衛生法
労働者災害補償保険法
雇用保険法
労働保険の保険料の徴収等に関する法律
健康保険法
厚生年金保険法
国民年金法
労務管理その他労働及び社会保険に関する一般常識

初詣合格祈願社会保険労務士試験の試験時間

 初詣合格祈願社会保険労務士試験は1日で行われます。試験は「選択式」及び「択一式」形式で行われ、試験時間は選択式が午前80分間、択一式が午後210分間です。

試験時間
出題形式 試験時間
選択式 10:30〜11:50 80分
択一式 13:10〜16:40 210分

初詣合格祈願社会保険労務士試験TOPに戻る