初詣合格祈願社会保険労務士試験社会保険労務士

社会保険労務士試験 受験資格

初詣合格祈願社会保険労務士試験資格試験

初詣合格祈願社会保険労務士試験社会保険労務士試験 受験資格

受験資格

 初詣合格祈願社会保険労務士試験を受験するには一定の受験資格が必要になります。
主なものとして

などがあります。この他の受験資格については下表を参照してください。
 もし現時点で受験資格がない人も諦めることはありません。
上記の受験資格を満たせば行政書士試験は誰でも受験できるので、先ず行政書士を目指してみてください。
行政書士試験に合格できれば初詣合格祈願社会保険労務士試験の受験資格を得られるばかりでなく、Wライセンスでの開業も可能となるので決して無駄にはならないはずです。

初詣合格祈願社会保険労務士試験の受験資格
受験資格
学校教育法による大学において学士の学位を得るのに必要な一般教養科目の学習を終わった者又は同法による短期大学若しくは高等専門学校を卒業した者
上記の大学(短期大学を除く。)において62単位以上を修得した者
旧高等学校令による高等学校高等科、旧大学令による大学予科又は旧専門学校令による専門学校を卒業し、又は修了した者
前記1又は3に掲げる学校等以外で、厚生労働大臣が認めた学校等を卒業し又は所定の課程を修了した者
修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の専修学校の専門課程を修了した者
初詣合格祈願社会保険労務士試験以外の国家試験のうち厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した者
司法試験第1次試験又は高等試験予備試験に合格した者
労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員(非常勤の者を除きます。)又は従事者として同法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
国又は地方公共団体の公務員として行政事務に従事した期間及び特定独立行政法人又は日本郵政公社の役員又は職員として行政事務に相当する事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
10行政書士となる資格を有する者
11社会保険労務士若しくは社会保険労務士法人又は弁護士若しくは弁護士法人の業務の補助の事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
12労働組合の役員として労働組合の業務に専ら従事した期間が通算して3年以上になる者又は会社その他の法人の役員として労務を担当した期間が通算して3年以上になる者
13労働組合の職員又は法人等若しくは事業を営む個人の従業者として労働社会保険諸法令に関する事務(ただし、このうち特別な判断を要しない単純な事務は除かれます。)に従事した期間が通算して3年以上になる者

初詣合格祈願社会保険労務士試験TOPに戻る